top of page
  • Brian Munguia

作曲家紹介: Morten Lauridsen (モーテン・ローリゼン)〜アメリカ合唱マスター〜

更新日:2023年11月23日

Morten Lauridsenは、1943年に米国ワシントン州でデンマーク系の家族に生まれました。若いころ、Lauridsenは山林庁の消防士として、セントヘレンズ山近くの見張り塔で働きました。Whitman Collegeに卒業し、作曲を学びにUniversity of Southern California(USC)へ進学しました。博士号を取得した後、音楽学科(Thornton School of Music)の教員となり、作曲科の主任としても務め、映画音楽の高等研究プログラムを立ち上げました。また、Los Angeles Master Choraleの在任作曲家として勤めました。


2006年には、アメリカ国立芸術基金から「アメリカの合唱の巨匠」として認定され、2007年にはホワイトハウスの式典で大統領から国家芸術勲章を授与されました。その理由は、「美しさ、力、そして精神性を兼ね備えた輝く合唱作品の作曲によって、世界中の観客を魅了した」からです。


グレゴリオ聖歌からルネサンスのポリフォニー、アトナリティに至るまで、西洋の合唱作曲に様々な技法とスタイルを取り入れながら、Lauridsenは人間の声に対する深い理解と尊敬、敬愛を示しています。Lauridsenにとって声は「最も素晴らしく、個性的なすべての楽器」なのです。また、作品には言葉への感受性と丁寧な配慮も表れており、巧みに音楽に置き換えられたテキストに命を吹き込む豊かなハーモニーが使われています。カラフルで輝かしく、燃え盛るような音や感情を、彼は音楽を通じて表現し、その音楽を歌う者、聴く者の心に強い感情的な反応を呼び起こすことができる。


Lauridsenは8つの合唱団のための組曲を作曲しており、その一つである「Les Chansons des Roses」は、2023年12月2日(土)に混声合唱団東京レパートリーシンガーズの第一回定期演奏会で演奏されます。この組曲も他の素晴らしい作曲家の作品も一緒にお楽しみいただけることを願っています。


演奏会またはチケットについてはこちらまで:

閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

見学申し込み受付再開のお知らせ

混声合唱団東京レパートリーシンガーズは1月に見学申し込み受付を休止いたしましたが、3月25日から再開いたします! 低声部(テノール、バリトン、ベース)メンバーを中心に募集していますので、興味のある方は是非お問い合わせください! 団員資格については団員募集ページまで

1月に見学申込受付を停止しました

見学を検討している方へ 新年を迎え、新たな趣味を始めたい方、また復活したい方が多く、沢山のお問合せを頂きました。このため、1月の見学枠はすべて埋まりました。 練習見学をご希望の方は、2月の見学をご検討ください。 何卒ご了承ください。

Comments


bottom of page